カントリージェントルマンの仕事ぶり


カントリージェントルマンとして本格的に活動を開始してから、約1年が経とうとしている。

実際のところまだまだ駆け出して、したいのにできないことや忙しくて手が回らないところばかりの毎日。それでもお客様から優しい言葉をかけていただく度に、とても嬉しい反面「もっともっとクオリティを上げなければ」と気を引き締めている。

そもそもガレージの一角を借りて、コインリングを作るところから始まったカントリージェントルマン。その頃は機材なんてものはほとんどなかったし、そもそも何が必要かなんてことも全くわかっていなかった。

作りたいものが一つできるにつれ、それに付随して道具の数もどんどん増えていった。

作業部屋

冬は寒いので、かなーり古いストーブを引っ張り出してきて塗装して使ってみたり。

なぜかエアガンもどんどん増えていった。笑

気がつけばいろんなものに手当たり次第手を出して見た。

コインリング作りから始まり、サインペインティング、木工もすればヴィンテージのアクセサリーを手作りしたり、レザークラフトにも挑戦中だ。指輪も作ればピアスもネックレスも作る。

ニューヨーク滞在中のインスピレーションから作品を作ることが多いが、日々暮らしの中や雑誌の1ページからでもイメージは手に入る。