銀食器をリメイクするということ

更新日:9月20日


当カントリージェントルマンは、さまざまなバックボーンを持ち、歴史を経てきたヴィンテージスプーンやフォークなどの銀食器をリメイクし、新しいヴィンテージアクセサリーを制作・販売しています。

本物のヴィンテージ素材だけが身に纏うことのできる“貫禄”や“品格”というものを、リメイクという手法を用いて表現しています。そして嬉しいことに、今まで非常に多くの方々にご購入いただき、日々のお供としていただいております。

リメイクはスプーンだけではなく、サービングスプーンから制作した 髪留めなど、今までになかったスタイルでさまざまな作品を制作しております。

これら作品は、実際にその時代時代の人々に使用され、受け継がれてきたヴィンテージ素材のみを厳選し、アメリカなど海外のみから取り寄せて制作しています。

それではカントリージェントルマンがなぜ、銀食器をリメイクしたジュエリーを制作するに至ったのかをお話したいと思います。

ニューヨークでの運命的な出逢い

ニューヨークの街並み

僕は以前約5年ほど広告代理店の営業マンとして働いていました。しかしその後自分のしたいことを探すべく、ニューヨークへ2ヶ月ほど旅をしていた時期がありました。

博物館を巡って見たり、路地裏にあるセレクトショップをのぞいたり、クラブにも顔を出して見たりと、特に目的もなくブラブラと過ごす日々。

そんな中で、ある運命的な出逢いを果たします。

その日は、マンハッタンのチェルシーマーケットを訪れブラブラとしていました。

チェルシーマーケットの中の少し広いスペースへ足を向けると、そこではフリーマーケットが開催されていました。それも、ただのフリーマーケットではなくクリエイター、要は自分で何かを作る職人たちが、自分が作ったものをそれぞれ持ち寄り、その場で展示販売をするというスタイルのいわばクリエイターズマーケットでした。

手書きのグラフィティ(※グラフィティ:地下鉄などの構内、電車にスプレーでアートを描くこと)をキャンバスに書いて売っている人、天然石を自分で作った金具に埋め込んだオリジナリティのあるアクセサリーを並べている人、珍しい形のレザーバッグを制作している人など、大小様々なお店が並んでいました。