南北戦争トークン(コイン)の知られざる歴史

皆さんは、「南北戦争トークン(コイン)」なるものをご存知でしょうか。


"戦争"という起こすべきではない出来事の中で、やむなく生み出されたこの「南北戦争トークン」とはいったいなんなのか。


今回は、そんな知られざるヴィンテージトークン(コイン)の世界をご紹介させていただきます。

南北戦争コインとは

南北戦争コインの味のあるデザイン

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kennedy_token_rev.jpg


南北戦争トークンとは、その名の通りアメリカで起こった南北戦争時に、民間及び個人の商店などが独自に発行した貨幣のことを指します。


あまり知られていませんが、そのような”国ではない民間や個人が発行して流通した貨幣”は「代用貨幣」と呼ばれています。


その観点から言えば、この「南北戦争トークン」も「代用貨幣」の一種であるということができます。


さて、ここからは少し南北戦争について詳しく触れていきたいと思います。


現在アメリカでは、白人と黒人の対立が激化しています。


これは有史以来、世界中で公然と認められてきた忌むべき悪習、奴隷制度のしこりが未だ解消されていないことを改めて世界中に示しているわけですが、


この奴隷制からの黒人奴隷たちの開放を求めた北軍と、あくまでも奴隷制を保持し続けたい南軍が、アメリカを二分して戦った戦争こそ、今から約159年前の1861年に始まったアメリカ南北戦争です。