1840年創業のアメリカを代表する老舗銀食器ブランド、Reed&Bartonが1941年に発表したのがこのfrench renaissanceです。

 

デザイナーは1907年頃にReed&Bartonに加わったGeorge L. Turnerで、彼の以前の職場も有名な銀食器ブランドのGorham Companyでした。

クラシックなデザインを得意とした彼は、有機的なモチーフ(植物など)を多用して豪華絢爛なパターンを生み出しました。

 

素材はスターリングシルバー(純度92.5%の銀)で、バターを塗る部分のプレーンな輝きと持ち手部分のクラシックなデザインを楽しめる、非常にバランスのとれた作品です。

 

今回は3点のみ販売となりますので、お早めのご検討をお勧め致します。

 

※手首周り14−18cmまでの方にご着用いただけます。

 

※内側の部分にはReed&Bartonの公式製品であることを示す”STERLING”とReed&Bartonのロゴが刻まれております。また信頼の置けるルートで取り寄せたヴィンテージ素材となりますので、安心してお買い求めいただけます。

※ヴィンテージ素材から制作したバングルですので、経年による小さなキズ等がございます。あらかじめご了承ください。

 

Reed&Barton ヴィンテージバターナイフバングル -French Renaissance-

¥19,800価格
  • ブランド:Reed&Barton

    素材:スターリングシルバー(純度92.5%の銀)

    重さ:31g

    最広:1.8cm

    最狭:0.5cm

    開口部:3.0cm

    サイズ:手首周り14−18cmまでの方にご着用いただけます。