シルバーアクセサリーのすべて -人気ブランドからお手入れ方法まで-


シルバーアクセサリー

普段のファッションにワンポイントのアクセントを加えてくれるシルバーアクセサリー。

お気に入りのシルバーアクセサリーを身に着けた時のうれしさは、また格別ですよね。

今回はシルバーの種類から人気のブランド、お手入れの方法まで、シルバーアクセサリーに関することを網羅してお伝えしたいと思います。

紀元前3,000年頃にはすでに人類の歴史にも登場するなど、古くから様々な場面で利用されてきました。

古代エジプトでは、『金は神々の皮であるが、その骨は銀である』と考えられていました。そもそもその頃のエジプトには銀を表す言葉がなかったため、はじめの頃は「白金の金属」と呼ばれていたそうです。彼らにとっての銀は、金の1つの種類であると考えられていたようです。

しかしその価値は非常に高く、エジプト旧王国の貴重品リストには、金製のものより上に銀製のものが掲載されていたようです。その頃に発見された宝物を見ると、金でできたものよりも銀でできたものの方が薄く作られていることが多く、それだけ銀が貴重なものであったことが想像されます。

また銀はかなり有用な金属でもあります。電導性があり加工もしやすく、さらには食品や水の腐敗を防ぎ、感染症を治療するためにも使われるなど、その抗菌性でも知られています。(最近では制汗スプレーに配合されたり、ウエットティッシュなどにも含まれていたりと広く利用されていますよね。)

実は中世のヨーロッパでは食事の時、毒殺されることを防ぐために銀の食器が使われていました。 その当時、銀は毒に触れると曇って教えてくれるとされており、裕福な身分の人間たちは食事を取り分ける際に銀の食器を用い、毒が入っているかどうかを確認してから食事をしたそうです。

これにはきちんと根拠があり、当時流行っていた毒には硫ヒ鉄鉱が多く含まれており、その中の硫黄と銀の成分が反応し、銀がくすむということで判断したのです。同様に、中国では銀の箸を食事の際に使っていたという話もあります。

シルバーの種類

シルバーには様々な種類があります。具体的には純銀と呼ばれる純度の高い銀や、アクセサリーに使用されることの多いシルバー925、アメリカなどで硬貨に使用されていたシルバー900など、

求めるデザインに合わせて、最適な純度の銀を使用する必要があるのです。

純銀

99.9%(.9999)もしくはそれ以上の銀が含まれている金属を純銀といいます。ロイヤル・カナディアン・ミントが製造したシルバー・メープルスは純粋な銀99.99%(.9999)です。

しかし、純粋な銀は特定の用途においては適していないといえます。それは純度が高い銀は柔らかくて曲がりやすく、宝飾品などに使用する際にはうまく加工ができないからです。この性質から、宝飾品メーカーやシルバーデザイナーは、その目的に合わせて銀を他の金属と混ぜることがよくあります。

逆に他の金属(特に銅)と混ぜてしまうと変色しやすくなり、また金属アレルギーも起こりやすくなるなど、混ぜることによっての弊害も起こることは頭に入れておかなければなりませんね。

シルバー925

一般的なシルバーアクセサリーに使用されるのがこのシルバー925です。スターリングシルバー(sterling silver )と呼ばれます。ちなみにスターリング(STERLING )には「法定純度の」、「正真正銘の」、「本物の」という意味があり、スターリングシルバーは「正真正銘の銀」を表します。

多くのスターリングシルバー製品にはその証として、925、SV925、Silver925、Sterlingといった刻印が打ち込まれています。ちなみに多くの国で銀製品にはホールマークと呼ばれる刻印が打ち込まれますがその基準は国によって様々です。

例えばアメリカ、イギリスでは92.5%以上。スイス、イタリア、ドイツでは80%のものに刻印が打たれています。

刻印には銀としての証明だけでなく、作られた場所や工房を表すものも多く存在しています。

話を戻します。シルバー925の925とは、つまりその金属内に含まれる銀が92.5パーセントであることを指します。では残りの7.5パーセントはいったい何かというと、銅をはじめとするその他金属が含まれているのです。(ちなみにこの場合、混ぜる金属のことを割り金と呼びます)

なぜ他の金属との合金にするかという理由は単純で、「純銀は加工するには柔らかすぎる」ためです。純度が高い銀は柔らかいため、ある程度の硬さを必要とする指輪等のジュエリーを制作するのには適していないのです。

そのため銅などの金属を混ぜることで硬さを確保してはじめて実用性が高まり、繊細なデザインを実現することができるのです。

シルバー950

現在あまり使用されていないシルバーの種類です。95パーセントの銀が含まれており、925と比べるとやはり柔らかく変色もしやすいため、比較した際にやはり925が使用されるケースがほとんどです。

シルバー900