ホースシュー(馬蹄)の知られざる歴史


ホースシュー(馬蹄)

テンダーロインが発表し、木村拓哉さんが着用しその人気が爆発したホースシューリング。

ゴツめのデザインとデザイン性の高さから、今でも多くの方が愛用されています。

しかしそのホースシューが持つ意味、そしてその歴史まではご存じない方も多いのではないしょうか。

今回はホースシュー(馬蹄)がなぜこんなにも愛されているのか、その理由をさまざまな観点からお伝えしていきたいと思います。

人は馬に乗ることで広大な土地をより短時間で移動できるようになりました。

しかし移動に はさまざまな地形への対応が求められます。

険しい岩場もあれば足をとられる砂地、深い森の中を進んでいくこともあります。

そこで考え出されたのがほかの動物に乗り、移動速度をあげることだったのです。

しかし野生の馬と家畜の馬では、生育環境に大きな違いがありました。

それにより、家畜の馬のひづめは弱く傷つきやすくなっていたのです。

それを防ぐために開発されたのが、ホースシュー(馬蹄)ということなのです。

馬(ホース)

野生の馬は自ら栄養を摂取しているため、耐久力のある健康なひづめを持っている