Wallaceのシルバーカトラリーの歴史


カントリージェントルマンでも人気の商品であるWallace社製のシルバースプーンから制作した、Wallace grand baroque vintage spoon ring。

今回はそのWallace社の歴史を紐解いていきたいと思います。

Wallace社の始まり

wallace社のシルバーカトラリー

Wallace Silversmithsの創設者、Robert Wallace(ロバート・ウォレス)は1815年11月13日にアメリカはコネチカット州プロスペクトで生まれました。

彼は18世紀後半に移住したスコットランドの移民で、銀細工職人(シルバースミス)のジェームズ・ウォレスと妻アイリーン(ウィリアムズ)の息子でした。少年であった彼は、限られた教育しか受けていませんでした。

シルバーカトラリーとの出会い

ある日、ロバート・ウォレスがニューヨークで買い物をしている時に、不意にイギリスのSheffieldのDixon and Sonsによって生産された、”ドイツの銀”と呼ばれるニッケル合金製のカトラリー(食器)を見つけました。

ウォレスはこの作品の質と力強さに感銘を受け、ドイツの化学者であったDr. Louis Feuchtangerから数えきれないほどのドイツの金属を20米ドルで購入し、新しいニッケル銀スプーンを製造しました。

その後16歳でロバート・ウォレスは、メリデン・ブリタニア社の有名なスプーンメーカーである、キャプテン・ウィリアム・ミックスに弟子入りしました。

ちなみにメリデン・ブリタニア社は、北東の中で最も成功したカトラリーでもありました。

ウィリアムから様々な技術を継承した彼はその後ウィリアムのもとを離れ、自分の工房を持ち自分のスプーンを本格的に作ることになります。

ウォレスが自分のブランドであるWallace Silversmiths(ウォレス・シルバースミス)は、1835年に設立されました。

信頼される高い技術