シガーバンドリングの知られざる歴史

皆さんは”葉巻”を吸ったことがあるでしょうか。


私も人生で数えるほどしか味わったことがないのですが、普通の紙巻きたばことはまた少し違った味わいに、「どんなジャンルにおいても、新しい世界は存在するものなのだな」と、感動したことを覚えています。


今回は、そんな”葉巻”にまつわる少し不確かな歴史と、それに関連するアクセサリーについてご紹介させていただきたいと思います。

シガーバンドとは


簡単に言えば、「葉巻に巻かれている紙でできた帯のこと」を指します。

木箱に収められた葉巻の数々

葉巻の起源は実は明確には判明しておらず、15世期にコロンブスがカリブの島に上陸した際に、原住民が葉巻のようなものを吸っているのを発見したことで、初めて歴史上に登場することとなりました。


端的に言えばそれまでのことなのですが、実はこのシガーバンドが採用されるまでの歴史には諸説あり、まずはそちらをご紹介させていただければと思います。