シガーバンドリングの知られざる歴史

皆さんは”葉巻”を吸ったことがあるでしょうか。


私も人生で数えるほどしか味わったことがないのですが、普通の紙巻きたばことはまた少し違った味わいに、「どんなジャンルにおいても、新しい世界は存在するものなのだな」と、感動したことを覚えています。


今回は、そんな”葉巻”にまつわる少し不確かな歴史と、それに関連するアクセサリーについてご紹介させていただきたいと思います。

シガーバンドとは


簡単に言えば、「葉巻に巻かれている紙でできた帯のこと」を指します。

葉巻の起源は実は明確には判明しておらず、15世期にコロンブスがカリブの島に上陸した際に、原住民が葉巻のようなものを吸っているのを発見したことで、初めて歴史上に登場することとなりました。


端的に言えばそれまでのことなのですが、実はこのシガーバンドが採用されるまでの歴史には諸説あり、まずはそちらをご紹介させていただければと思います。

説1:ロシア皇帝エカチェリーナ2世のシルク説


エカチェリーナ2世と言えば、18世期にロシアの皇帝として安定した治世を誇った女性であり、最近ではhuluの「The Great」というドラマにおいて、


若きハリウッド女優、エル・ファニングが演じていることで一躍注目を浴びています。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Elle_Fanning_2019_by_Glenn_Francis.jpg

Attribution : © Glenn Francis, www.PacificProDigital.com


一説には、このエカチェリーナ2世が葉巻を吸う際、葉巻で指が汚れることを危惧して絹(シルク)で葉巻を包み、汚れることから防いでいたと言われ、


そういった”汚れを防ぐため”にシガーバンドが生まれたというものがあります。


しかしこの説は真偽の程が定かではなく、シガー(葉巻)に詳しい歴史家からすれば信頼できない説の一つに過ぎないとされています。

説2:質の悪い葉巻が崩れるのを防ぐため

また別の説として、「質の悪い葉巻が崩れることを防ぐため」にシガーバンドが生み出されたというものがあります。


葉巻はその名の通り、葉っぱで巻かれたものであるため、巻きが甘ければ葉っぱが剥がれて崩れてしまうことがあったそうです。


そういった質の悪い葉巻の崩れを防ぐため、葉巻の形を整えておくためにシガーバンドが生み出されたという説です。


しかしとても安く販売されていた葉巻が、数十年を過ぎた後でも何の問題もなく形が整っていたという話もあり、この説も可能性としては低いと思われます。

説3:グスタブ・ボック


ドイツの葉巻職人であったオランダ人Gustav Bock Müller(彼について明確な情報が見つからず、彼の出自等については不明確です。)が、キューバに移住したのが1854年のこと。


彼は自らのブランドであったBock y Caの葉巻をより強力にアピールするために、紙で作られた独自のラベルを葉巻に巻きつけました。


https://www.cigar-wiki.com/images/a/a5/Bock-y-ca-logo.jpg


これが初めて葉巻会社がシガーバンドを導入した最初であるとされます。


お話した3つの説のうちで最も可能性が高いのがこのグスタブ・ボックの説であり、これ以降多くの葉巻会社が追随して様々な美しいデザインのシガーバンドが巻かれた葉巻が市場に登場することになりました。


ちなみに現在葉巻の産地として世界的に有名なのはキューバですが、19世紀初頭にはドイツが圧倒的なシェアを誇っており、


1830−40年代にかけてアメリカで消費された葉巻の実に半分は、ドイツで生産された葉巻であったという記録も残っているそうです。


また、現代においてシガーラベルは一つの収集品としても知られており、ブランドごとに個性が表現されているラベルを収集することに喜びを感じる、いわゆる愛好家も多数存在しています。

シガーバンドリングとは


その名の通りシガーバンドをモチーフとして作りあげられたリングが、シガーバンドリングです。


世界的に有名なシルバーブランド、ガボラトリークロムハーツにおいて、この「シガーバンド」の名がつけられたリングが発表・発売されており、根強いファンがこれを買い求めています。


残念なことにこのシガーバンドリングがいつ頃から制作され始めたのかについて、明確な記述が見つからないためその起源は不明ですが、少なくともシガーバンドの形を模して作られていることは明白です。


実例を挙げれば、シガーバンドは以下のような形をしていることがほとんどです。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Fonseca-band.jpg



https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Partagas_cigar_branding.gif


これはあくまでも想像に過ぎませんが、


「デザイナーたちが葉巻愛好家であり、葉巻を吸っている際にこのリングのデザインを思いついた。」


もしくは、葉巻愛好家の子供がこのシガーバンドを外して指輪の代わりとして楽しんでいたという話もあり、


「そういった原風景の中から、リングのモチーフとしてシガーバンドを採用した。」


以上のような経緯があったのではないかと推察されます。いずれとしても推測の域を超えるものでは無く、真相はいまだ闇の中ではあります。

知られざるシガーバンドリング


ここまで明確でない歴史を持つアクセサリーは、少なくとも私の知る限りでは無く、なかなか正確なお話ができず歯痒い思いでおりますが、


また新たな情報が発見された際には、改めてこちらの記事の中でご紹介ができればと思っております。


ご紹介が遅れましたが、当カントリージェントルマンはヴィンテージの素材にまつわる知られざる歴史を紐解き、それを新たなヴィンテージアクセサリーとして制作しているブランドです。


ヴィンテージの銀食器から制作したフォークバングルなど、ヴィンテージ素材の”独特な雰囲気”や”品格”が楽しめるアクセサリーをご紹介しております。

Wallace社製ヴィンテージフォークバングル<Grand Baroque>


是非一度、ご覧をいただければ幸いです。


最後となりましたが、実際に葉巻が制作されている様子が撮影された動画を発見いたしましたので、ご参考までにそちらをご紹介させていただき、


本記事の結びと致します。長文にもかかわらず、お付き合いをいただきまして誠にありがとうございました。


Country Gentleman



参考:https://en.wikipedia.org/wiki/Cigar


​ー 取り扱いカード一覧 ー

  • Instagram - White Circle
  • Facebookの - ホワイト丸

Mail Address

countrygentlemanstuff@gmail.com

 

Opening Hours

Monday - Friday: 10.00 - 19.00

Saturday: 10.00 - 17.00

カントリージェントルマンではアメリカより取り寄せたヴィンテージ素材をリメイクし、スプーンリングやブレスレットなどのヴィンテージアクセサリーをメンズを中心としてユニセックスも制作・通販しております。

​本当のカントリーを表現すべく、素材・製法にこだわり一点一点オールハンドメイドで制作しています。

©2018  Country Gentleman