ナプキンリングの歴史


当ブランド、カントリージェントルマンでは時を経て特別な貫禄を身にまとった、ヴィンテージ素材からさまざまなヴィンテージアクセサリーを制作・販売しています。

いくつもの試作品が生まれては消えていくなかで、ようやく新しい作品としてお届けできそうな素材を見つけ出しました。

美しい輝きのナプキンリング

https://www.crateandbarrel.com/emerson-napkin-ring/s450168

それが、19世紀ごろから西洋で食事の際に使われ始めたと言われている、”ナプキンリング”と呼ばれるものです。食事の際に衣服が汚れないように、ひざの上においておくナプキンを、丸めたままで保持しておけるナプキンリングは、19世紀から20世紀はじめごろまでよく使用されていました。

それではこのナプキンリングが持つ歴史を、順を追ってご説明させていただきたいと思います。

ナプキンのはじまり

ナプキンリングは、食卓で使用するナプキンを丸めたまま保持するためのリングです。ではそのナプキンはいつ生まれたのでしょうか。

テーブルで今や不可欠となったナプキン

その起源は古く、古代ギリシャ時代のスパルタン(古代ギリシアの軍事都市国家に暮らしていた、スパルタの市民)が、食事の際に汚れた手を拭くために使用した食べられる生地<apomagdalie>に起源があるとされています。

当時食事は基本的に手を使って食べられており、その汚れをその生地で拭き取る習慣があったようです。また、口の汚れは薄くスライスしたパンなどで拭き取られていたそうです。

その後古代ローマの人々が現代のナプキンの原型となるMappaと呼ばれる小さなハンカチのような布を発明し、食事の際に用いていました。

その後中世に入ると、現代では考えられないことですがテーブルにひかれた大きなテーブルクロスで、手や口の汚れを拭き取っていたそうです。あまり衛生的によろしくないような気はしますが。。