”死”とヴィンテージアクセサリーの歴史


ゴールド&ブラックのモーニングリング

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Mourning_ring_thinktank.JPG


これまで当ブログでは、スプーンリングにまつわる”結婚”の歴史や、襤褸(ボロ)にまつわる”継承”の歴史など、どこか心が暖かくなるような興味深いストーリーをご紹介してまいりました。


”死”という切り口でヴィンテージアクセサリーを見るとき、そこには恐ろしい歴史と、そして悲しくも暖かいストーリーがあることに気づきます。


今回ご紹介するヴィンテージアクセサリーは「ポイズンリング」と「モーニングリング」です。

死をもたらすポイズンリング

恐ろしいポイズンリング

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Gold_ring,_Italian,_16th_century_Wellcome_M0013226.jpg

(こちらは16世紀ごろのイタリアのポイズンリングとなります。蛇にも似たデザインが、少し恐ろしさを感じさせる指輪となっています。)


はじめにご紹介するのは、身につけた人に、もしくはそれ以外の人に死をもたらす恐ろしいポイズンリングというヴィンテージアクセサリーです。


ご覧いただいている通り、デザインとしてリングに付けられた小さな箱や空洞の部分に、粉や液体の毒を仕込むことのできる仕組みが搭載されている、その名の通りの毒の指輪がポイズンリングです。


その歴史は非常に古いとされていますが、その起源には諸説あり古代インドや古代ペルシャ、アジアから生まれたと言われますが、明確な記述は残されていません。


これはあくまで個人的な推測ですが、ポイズンリングそのものは誰にも知られることなく特定の人物を暗殺したり、自らが窮地に陥った際に自ら命を断てるように開発されたものであるため、


そもそもが「隠しておきたい」アクセサリーであったため、明確な起源が判然としない理由ではないかと考えております。


話を戻します。