ヴィンテージアクセサリーをメンズ視点で考える

更新日:2020年7月15日


芸術的な輝きを放つ3つのカレッジリング

https://financeadmin.lehigh.edu/content/class-2017

ヴィンテージアクセサリーといえば、女性向けのものがほとんどです。

シャネルやグッチなどをはじめとするハイブランドのピアス、ネックレスや、ヨーロッパで100年以上前に女性たちが身につけていた、ガラスのアクセサリー類などが多く、なかなかメンズのヴィンテージアクセサリーは見つけにくいものです。

今回は、ヴィンテージアクセサリーをメンズの視点から考え、どのようなジャンルがあり、そこにどんなストーリーがあるのか、その魅力についても考察していきたいと思います。

インディアンジュエリー

メンズ向けのヴィンテージアクセサリーとしての代表格は、やはりインディアンジュエリーになるでしょうか。

インディアンジュエリーの中でも代表的なナジャネックレス。すべて手作業で制作されている。

https://houseofstclair.com/products/1930s-native-american-sand-cast-naja

日本ではインディアンジュエリーとして知名度が高いですが、アメリカなどではネイティヴアメリカンジュエリーと呼ばれています。

ネイティヴアメリカンジュエリーの歴史は古く、シルバーという素材に出会うまでインディアン達は身近にある材料であった、骨や石、貝殻などから思い思いのアクセサリーを作って身につけていたようです。

一般的に知られているシルバーのネイティヴアメリカンジュエリーが制作され始めたのは、1800年代に入ってからでした。

ナバホらしいスタンプワークが映える最高傑作のバングル

https://www.etsy.com/listing/515160857/whirling-log-navajo-silver-bracelet

その頃からネイティヴアメリカン達はメキシコ、スペインなどと交流を持ち始め、1853年からメキシコの鍛冶屋から銀に関する彫金技術を学び始め、独自のスタイルのアクセサリーを制作・販売し始めました。

当時自ら銀を大量に採