通常営業再開のお知らせと少しのご報告

11月の16日から24日まで臨時休業とさせていただいておりましたが、当ブランド、カントリージェントルマンは昨日11月25日より営業を再開致しましたので、ご報告致します。


上記期間中に頂きましたご注文に関しましては、昨日より随時発送を行なっております。お手元に発送のご連絡が届いていらっしゃらないお客様におかれましては、大変恐縮ですがもう少々お待ちいただければと思います。


今回はアメリカにて買い付けをしてまいりました。その中でいくつか面白いものを手に入れることが出来ましたので、少しだけこの場にてご紹介させていただければと思います。

ヴィンテージアメリカンフラッグ-dettra flag company-


こちらはアメリカのフラッグメーカーとして一時代を築いたブランド、dettra flag company(1920-1998)のヴィンテージフラッグです。

ここからはかなりマニアックなお話となってまいりますが、このフラッグの星の数を見ますと全部で48つとなっています。

アメリカの旗の星が州の数を表すということは皆さんもご存知のことかと思われますが、現在のアメリカは全50州からなる国(1959年8月21日に50州目としてハワイ州が加盟)となっています。


つまり、この旗は48州から49州になる前の期間(1912年2月14日から1959年1月2日の間)にしか作られていなかったことがわかります。


そのことから推定されるに、この旗は古ければ約107年から新しくとも約60年前のヴィンテージフラッグであると判断できるということです。


そしてこのdettra flag companyは、1847年から続く老舗のフラッグメーカーであったAnnin & Co.に買収(1998年)され、現在はもうこの世に存在しないフラッグメーカーです。

わざわざこのような長文で語ることではないのかもしれませんが、私はこのように歴史の中で忘れ去られようとしていた背景やストーリーを掘り起こすことが、この上なく楽しく、また嬉しく感じます。


さらにこのフラッグはクオリティも素晴らしく、60年前以上のものとは思えないほどの良い状態を保っています。赤と白の模様も、インクで印刷したものではなく一列一列しっかりと縫製されていることからも、アメリカのものづくりへの情熱を感じ取ることができます。

まだこのヴィンテージフラッグをどのように作品に落とし込むかは決めていないのですが、これまでに見たことのないような作品にできれば、と妄想を広げております。

アンティークデザイン”La Marquise"


次にご紹介するのが、Reed&Barton社が1895年に発表したアンティークデザイン、”La Marquise(ラ・マルキーズ)”のフォークです。

”La Marquise(ラ・マルキーズ)”は、Reed&Barton社に見初められたイギリスの敏腕デザイナー、Austin F. Jackson(1850-1906)によってデザインされました。


そもそもReed&Barton(1824年-2015年にLenox Corporation買収される)は、アメリカのマサチューセッツ州トーントンに拠点を置いていましたが、彼らは世界中から腕の立つデザイナーを捜し集めていました。


その中で白羽の矢が立ったのが、イギリスで名を馳せていた敏腕デザイナーAustin F. Jacksonでした。


彼はその類稀なるデザインセンスで、多くの特許をReed&Bartonにもたらします。それほどに彼のデザインはアメリカでは斬新であり、また革新的でもあったのです。


この”La Marquise”は、1895年に発表されたことからもわかるように、アール・ヌーヴォーの影響が色濃く反映されている豪華絢爛なパターンです。


持ち手部分に美しく配置された植物と、果実・種子・水滴をデザインしたと思われるいくつもの丸が完璧に調和され、思わず見惚れるほどの輝きを放っています。

そのデザインは裏面までぬかりなく施されており、フォークの挿す部分の裏側には、満開の花が咲き誇っています。

このフォークには持ち手の表面に「Thomas」、裏面には「July.26.1899(1899年7月26日)」という、ある意味でのアンティーク・ヴィンテージの証とも言えるモノグラム(刻印)が彫刻されており、当時の趣をそのままその身に宿しています。


重量もずっしりと約50g超えとなっており、当時の富裕層の豪華絢爛な食卓を想像することができます。


こちらは近日中に1本限定のアンティークフォークバングルとして販売予定となります。


ここまではっきりと年代鑑定ができる作品も珍しいため、特別なバングルをお探しの方にこそお試しいただきたい作品となります。

TOWLEのヴィンテージ”Country Monor”


最後にご紹介するのが、TOWLEが1966年に発表したデザイン、”Country Monor”のヴィンテージフォークです。


こちらは美しい彫刻とシンプルさの調和に定評のあるデザイナー、T. Merryによってデザインされました。


私が何より引かれたのがその名前です。Country Monorとは直訳すると「田舎(故郷・祖国)の荘園」という意味を持ち、味わい深い名前であると思っております。

深い緑の中にあり、ひっそりと佇む領主の館。そんな情景を思わせてくれる名前を冠されたこの”Country Monor”は、華美な装飾を配したある種シンプルイズベストなパターンです。


持ち手部分の両側に配置された彫刻と、中央を走る滑らかな銀の美しさは、バングルにした時にとても魅力的な曲線を描いてくれるものと、今から楽しみになるヴィンテージフォークです。


この他にもいくつかの銀食器を手に入れることができましたので、また少しお時間はいただきますがクリスマスの前までには皆様にお目通ししていただけるように、カントリージェントルマンらしくまた楽しみながら制作を進めて参ります。


今年も残すところあとわずかとなりました。


皆様におかれましてもくれぐれも健康にはご留意をいただき、何より日々を楽しく過ごされますことを心から願っております。


Country Gentleman


​ー 取り扱いカード一覧 ー

  • Instagram - White Circle
  • Facebookの - ホワイト丸

Mail Address

countrygentlemanstuff@gmail.com

 

Opening Hours

Monday - Friday: 10.00 - 19.00

Saturday: 10.00 - 17.00

カントリージェントルマンではアメリカより取り寄せたヴィンテージ素材をリメイクし、スプーンリングやブレスレットなどのヴィンテージアクセサリーをメンズを中心としてユニセックスも制作・通販しております。

​本当のカントリーを表現すべく、素材・製法にこだわり一点一点オールハンドメイドで制作しています。

©2018  Country Gentleman