おすすめのヴィンテージの指輪 メンズ編

更新日:2020年5月5日

カントリージェントルマンでは、主にアメリカで実際に使用されていた銀食器(Tiifany&co,Wallace等)を仕入れ、さまざまなヴィンテージの指輪を制作しています。

ボリューム感のある指輪、シンプルなデザインの指輪、クラシックな指輪などその種類はさまざまです。

今回は男性に人気のあるヴィンテージの指輪を、厳選してご紹介していきたいと思います。

メキシカンリング


ゴツい、武骨、荒々しい。そんな言葉が似合うリングは、このメキシカンリングを置いて他にはありません。

Mexican Ring -Big Skull-


こちらのメキシカンリング は、全てBrass(真鍮)で作りあげられた逸品です。重さはなんと77gと、普通の指輪の7-8倍もあるインパクト大のリングです。


メキシカンリング の歴史は、1910年のメキシコ革命に起源を持ちます。国内情勢が不安定になったメキシコでは、通貨であるペソなどの硬貨の価値が暴落し、ほとんど価値がなくなりました。


職を追われたアクセサリーの職人たちは、そのペソ硬貨を溶かして旅行者へのお土産用のリングを作り、売り始めました。


これが1940年ごろのアメリカのバイカーたちに人気となり、現在では熱狂的なコレクターもいるほどのリングとなりました。