銀食器の知られざる世界 -Reed&Barton-


今回は世界的な老舗銀食器ブランドであり、1996年のアトランタオリンピックではメダルの製作も依頼されるほど、その芸術的なセンスと品質の高い製品への信頼で知られるReed&Bartonの歴史について、紐解いていきたいと思います。

リードアンドバトンの1920年代の広告

http://www.vintageadbrowser.com/household-ads-1920s/29

世界的ブランドReed&Bartonの始まり

Reed&Bartonの起源は、1822年に遡ります。

Reed&bartonのシルバー製品に刻まれるロゴ

http://www.silvercollection.it/reedbartondate.html

マサチューセッツ州トーントンで、創業者Isaac Babbitが宝石店を設立しました。その後1824年になると、Isaac Babbitは当時注目を集め始めていた新素材”ブリタニアメタル”に魅せられ、そのブリタニアメタルを使用した製品を製造・販売する会社「Babbitt&Crossman」を立ち上げました。

リードアンドバートンの創業者Isaac Babbit

https://en.wikipedia.org/wiki/Isaac_Babbitt

なお、ブリタニアメタル自体は18世紀にイギリスで発明されていましたが、初めてアメリカでブリタニアメタルを製造したのが彼だったことは、あまり知られていません。

同社はその後1827年にBabbitt、Crossman&Company、1829年にはCrossman West&Leonardに度々社名を変更しながら、質の高いブリタニアメタルと類まれなデザインセンスを武器に、多くの顧客を獲得することに成功します。

Isaac Babbitはさらなる製造技術の向上を求め、新たに腕のいい職人たちを採用します。その職人たちの中にいたのが、のちにReed&Bartonを共に立ち上げることになるHenry G. ReedとCharles E. Bartonなのでした。

順調な滑り出しを果たし