レザージャケット(革ジャン)の知られざる歴史

更新日:2020年5月13日

現代において、「反抗」や「不良」を感じさせるファッションアイテムの一つとしてその不動の地位を築き上げたレザージャケット(革ジャン)。


ストリートファッションやバイカーたちにとってもはや欠かせない存在となったレザージャケットですが、もしあなたもジッパー付きのジャケットを一つでも持っているのなら、今回のお話は非常に興味深いものとなるに違いありません。


今回はそんなレザージャケットの知られざる歴史を紐解いていきたいと思います。

レザージャケットの起源


レザーを衣類として使い始めた起源には、諸説あります。(ネイティブアメリカンたちやその他民族の衣装がそれにあたります。)


しかし現在のレザージャケットの直接的な系譜を辿れば、第一次世界大戦の終盤に当たる1918年に、ドイツ軍の戦闘機のパイロットのアウター、つまりは軍服として採用されたことが起源であるというのが世界的な定説となっています。

第一次世界大戦時のドイツ軍のレザージャケット

https://www.thefedoralounge.com/threads/eastman-leather-clothing-wwi-imperial-german-aviator-flying-coat.81771/


その後、レザージャケットが持つ耐久性や防寒性などの性能に各国の軍が目をつけ、一気にその人気は高まります。代表的なところで言えば、「King of the flight jacket」との呼び声も高い、