ラブスプーンの知られざる愛の歴史

更新日:2020年12月16日

当カントリージェントルマンでは、ヴィンテージ素材が持つ歴史やストーリーに深い魅力を感じ、ヴィンテージの銀食器からスプーンリングフォークバングルバターナイフバングルなど様々なアクセサリーを制作してきました。


そして同じように、知られざる歴史を持つヴィンテージ素材のストーリーを紐解きながら、これまでに様々なヴィンテージアクセサリーをご紹介させていただいてきました。


その中でもスプーンリングの歴史については個人的に思い入れがあり、継続して様々な角度から調べておりましたところ、


「ラブスプーン」と呼ばれるモノの味わい深い歴史に触れる機会がありました。


今回は「スプーン」にまつわる、もう一つの愛の歴史についてご紹介させていただければと思います。

そもそもスプーンリングとは

Mediciパターンのスプーンリング

詳しくは別記事「スプーンリングの歴史」をご覧いただければと思いますが、一説によればスプーンリングは17世紀ごろのイギリスから始まったとされており、その名の通りスプーンを丸めて作られたリングを指します。


中世イングランドの伝説上の人物、ロビンフッドが愛する女性にこのリングを贈ったという話もありますが、そもそもロビンフッドの伝承が多い時期としては13〜14世紀ごろからが多く、あまり正確な話とは言えないようです。


さて、このスプーンリングが始まったのは、その昔裕福な貴族・富裕層に仕える貧乏な召使いが、愛する人への婚約指輪を贈るため


主人の屋敷から高価な銀食器を盗み出しそれを職人に丸めさせてスプーンリングにして贈ったことが始まりとされています。


※カントリージェントルマンのスプーンリングはこちらからご覧いただけます。


ここまでは以前にもご紹介した通りですし、日本においても少しずつその認識が進んできたのではないかと思われますが、私はここでさらに「なぜそれがスプーンだったのか」について、疑問を持ちました。


そしてまた違った角度からこのストーリーについて調べを進めていると、新たな知られざる歴史を持つモノと出会いました。それこそが今回ご紹介する「ラブスプーン」です。

ラブスプーンとは