シグネットリングと石(ストーン)の素晴らしき融合

更新日:6月4日


黒い石がはめ込まれたシグネットリング

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Signetring_med_onyx_f%C3%B6r_prins_August,_fr%C3%A5n_1871_-_Livrustkammaren_-_97903.tif


前回の投稿からずいぶん期間が空いておりました。Country Gentlemanです。


イギリス紳士のスーツの着こなしは本当に見事なもので、立派な体躯に洗練された身のこなし、そしてその手元にはいつもシグネットリングが控えめながらも美しい輝きを放っています。


現代のシグネットリングを見ると、そのほとんどが金か銀で作られており、余計な装飾を一切廃してモノグラムだけが掘り込まれているというシンプルなものが好まれています。


しかし歴史を遡れば、シグネットリングと石(ストーン)の間に、人の心を引きつける素晴らしい魅力があることがわかります。


今回はそんなシグネットリング と石(ストーン)の素晴らしき融合の魅力について、お話しさせていただければと思います。

美しい宝石とシグネットリングの融合


現代のシグネットリングの系譜を紐解けば、古代エジプト(紀元前3,500年ごろ)へと行き着きます。


その後中世ヨーロッパの頃には様々なスタイルのシグネットリングが各地で作られていくことになります。


その頃のシグネットリングを調べてみると、もちろん現代のような金でできたシンプルなシグネットリングもたくさん見受けられますが、意外にも宝石が埋め込まれたものが沢山あることに気がつきます。

アメジストが美しいシグネットリング

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Sigillring_av_guld_och_ametist_med_Lilla_Brahevapnet_-_Skoklosters_slott_-_92353.tif


※ちなみにこちらの美しいリングは、紫のアメジストに紋章が刻まれた19世紀頃のもので、スウェーデンのSkokloster Castle(スコクロースター城)に所蔵されています。


実際にその当時の貴族や富裕層の肖像画を見てみると、多くの場合宝石が埋め込まれたシグネットリングをしています。


現代においては石はパワーストーンとして広く知られており、それらには石言葉なるものがあ