紳士とは一体何か。

更新日:2020年6月30日

私がCountry Gentlemanとしてブランドを立ち上げてから、もうすぐ4年が経とうとしています。


このCountry Gentlemanというブランド名は、紳士の中の紳士、カントリージェントルマンとしての生き方の美しさと爽やかさに心を打たれ、自ら決めたものです。


今回は、改めて紳士とは一体何なのか、そして我々はそこから何を学びとることができるのかを、この機会にもう一度問い直してみたいと思います。


※約9千文字近い長文となりますので、どうか気楽なお気持ちでさらりとご覧いただければ幸いです。

紳士の始まり

ジェントルマンの起源、ジェントリ

そもそも紳士(Gentleman)の語源は、中世イギリスの最下層の領主身分の総称であったジェントリ(Gentryからきている、というのが有力な説とされています。


具体的に言えば1400年頃までそのジェントリという呼び方は余り認知されておらず、1413年以降から徐々に使われ始めました。その後1431年ごろに印刷された地主のリストの中に”ジェントリ”と呼ばれる区分が追加されていることから、


ジェントリは15世紀ごろからしっかりと階級の一部として認識されてきたのではないかと思われます。


ジェントリは元々自らが土地を治めていた人たちであり、14−15世期には有力貴族の家臣として仕えることが多かったそうです。


その後1455年になると、赤い薔薇(ランカスター家)と白い薔薇(ヨーク家)の権力闘争である”薔薇戦争”が始まってしまいます。


その名前の優雅さとは正反対に、この血腥い戦争は30年も続き、多くの有力貴族がここで途絶えてしまうことになりました。

30年にも及ぶ薔薇戦争

結果的に赤い薔薇のバッジを付けて戦っていた、ランカスター派のヘンリー・テューダーがヨーク家を武力で制圧し、テューダー朝を築くことになります。


戦争により有力貴族の多くが絶えて