【フレッドハービースタイル】とは一体何か

更新日:2020年5月27日


世界的に人気を博しているジュエリーがあります。

それが、ネイティヴアメリカンたちが生み出した芸術品の数々。

ネイティヴアメリカンジュエリー、インディアンジュエリーと呼ばれるシルバーアクセサリーは、この日本でも多くの著名人たちが身につけ、また虜になっています。

今回はそのネイティヴアメリカンジュエリーの中でも特に人気が高い、フレッドハービースタイルについてお話をしたいと思います。

フレッドハービースタイルとは一体なんなのか。そしてその背景にはどのような歴史があるのか。

今回は1800年代のアメリカ、野望と危険に満ち溢れた西部開拓時代へと時計を巻き戻していきます。

フレッドハービーとは

【フレッドハービースタイル】についてお話しする前に、欠かせない人物をご紹介します。

それがフレッドハービースタイルの名前の由来ともなった大富豪、フレッドハービーです。

伝説の起業家、フレッド・ハーヴェイ

https://en.wikipedia.org/wiki/Fred_Harvey_(entrepreneur)

フレッドハービー(Frederick Henry Harvey)は、西部開拓時代を生きた人物であり、(1835年6月27日- 1901年2月9日)

アメリカで最初のレストランチェーンを設立したとされる豪腕経営者でした。

スコットランド人とイギリス人の両親の元に生まれ、1853年にイギリスはリヴァプールからアメリカへ移住してきました。

はじめに、彼はニューヨークにあった人気レストランに就職し、レストランを経営する上で様々なことを学びます。

それは具体的に、新鮮な食材を使って最高の料理を提供すること、何よりもサービスの質を重視し顧客を最大限に満足させることなどです。

そこで彼は、給仕人の助手や皿洗い、ウエイターやラインクック(ヘッドクックと呼ばれる料理長のもとで働く助手のようなもの)などを