ヴィンテージアクセサリーの歴史 ー1950年代ー


第二次世界大戦が終結し、世界恐慌による影響も日に日に薄れてきた1950年代。人々はそれまでの不安を振り払うかのように、よりカラフルできらびやかなアクセサリーを身にまとって街に繰り出すようになっていきました。

独自の観点で優れた作品を生み出し続けるカントリージェントルマン

Wallace社製ヴィンテージバターナイフバングル Sir Christoper

ヴィンテージ素材をリメイクし、新しいヴィンテージアクセサリーを生み出している当ブランド、カントリージェントルマンが独自の視点から、今回は1950年代に焦点を当て、当時の人々が愛したアクセサリーについてお話ししていきたいと思います。

ヴィンテージアクセサリーのメンズの歴史をご覧になりたい方は、こちらです。

1950年代とは

1950年代の女優のピンナップ