シャネルのヴィンテージアクセサリーの歴史


参考:http://www.luxury-insider.com/fashion-beauty/five-things-you-didnt-know-coco-chanel

その媚びない姿勢と、女性としての強い生き方を貫いた女性の憧れとして、今もなお多くのファンを持つココ・シャネル。

彼女が生み出したシャネルという圧倒的なブランドは、世界中の女性たちに広く人気を得ており、創業から100年以上を経てもなおその人気は衰えることがありません。

そんなシャネルの古い作品や商品は、時を経て現代に現れた作品として”ヴィンテージシャネル”の名を冠され、感度の高い人に熱狂的な人気を得ています。

今回はそのヴィンテージシャネルに注目して、お話していきたいと思います。

シャネルの登場

参考:http://zakupersi.com/promocja/darmowa-probka-perfum-chanel-no-5/

シャネルの創業は今から100年以上前の1910年にさかのぼります。その前年であった1909年にパリで帽子のアトリエを開設した彼女は、シャネル・モードという名前をつけた帽子専門店を開店しました。

その後帽子に限らず香水(シャネルの5番などの人気商品)、ドレスなどの様々な作品を生み出し続け、成功を収めます。

本格的に世間に認知されるようになったのが1920年代です。第一次世界大戦を経験した女性たちは、それまでの価値観を振り切るように独立した女性、強い女性像を求めていました。

そんなときに、シャネルが作り上げた女性像が”ギャルソンヌ”、つまりアメリカでの”フラッパー”と呼ばれるボーイッシュなスタイルだったのです。

1920年代に飛躍するシャネル

ボブカットでシンプルなラインのドレスに身を包み、タバコをくゆらせながら新しい文化を心から楽しむというフラッパー・スタイルは当時の女性たちにとってまさに求めていた女性像だったのです。

この頃の女性たちのイメージを見ることができる映画として最適なのが、「華麗なるギャツビー(2013)」「雨に唄えば(1953)」などでしょうか。

華麗なるギャツビーでは毎夜享楽的なパーティーを楽しむフラッパーたちが、雨に唄えばではシド・チャリシー(Cyd Charisse)が、タバコをふかしギャングを従え妖艶なダンスを繰り広げるシーンがそれぞれ描かれています。

特に雨に唄えばのダンスシーンは名優であり盟友のジーン・ケリーと競演しており、最高峰のダンスも楽しめます。

シャネルアクセサリーのデザインの歴史

さて、話を戻します。

シャネルのアクセサリーは、ティファニーなどのいわゆるハイブランドジュエリーとは異なります。シャネルのコスチュームジュエリーは擬似真珠や金メッキなどを多用し、価格を抑えて販売することができたために、本物を買うことができない人々に非常に人気がありました。

更なる人気獲得のため、シャネルは優れたデザイナーを発掘します。それがDuke Fulco di Vedura(デューク)でした。 Fulcoは繊維デザイナーとして、1927年頃Chanelですでに働いていました。

シャネルはすぐに彼の才能に気づき、彼に自分のファインジュエリーのデザインをするように命じました。これをきっかけとして、シャネルは彼をシャネルジュエリーのヘッドデザイナーとして任命。彼はこのポストを8年間勤めることになり、1920年代のシャネルのジュエリーの一時代を築き上げました。

彼とココ・シャネルの代表的な作品としてよく知られているのが、”シャネル・マルタ・クロス・カフス”でしょう。

参考:https://www.pinterest.jp/pin/495325659000933610/

キリスト教の騎士修道会である聖ヨハネ騎士団(マルタ騎士団)の象徴であったマルタ十字をモチーフとして、十字の内側をいくつもの半貴石で埋め尽くし、白いエナメルの腕輪の上に配置したそのカフスはをココ・シャネルはとても気に入り、ことあるごとに身に着けるほどでした。

第二次大戦後には、ココシャネルはすでにバレンシアガなどへのジュエリー提供で有名だったロベール ゴッサンスとコンタクトを取ります。

参考:https://www.vogue.com/article/jeweler-robert-goossens-obituary

ビザンチンやエジプト・古代ギリシャ時代などをはじめとした、古代のジュエリーに影響を受けた彼のバロックスタイルの作品に魅了された彼女は、彼の作品を絶賛し、彼女のオートクチュールのコレクションに向けて作品をオーダーするなど、多くの作品提供を受けました。

ココ・シャネルの残した名言

その後もファッション界のオスカーを受賞したりと非常に輝かしい経歴を誇る彼女は、いくつ者名言を残してもいます。

”コスチュームジュエリーは女性に豊かな雰囲気を与えはしないが、彼女たちを美しくする”

”下品な服装は服だけが目につき、上品な服装は女を引き立たせる。”

”かけがえのない存在になるには、常に人とは違っていなければならない”

他にも様々な名言を残した彼女でしたが、それまで富裕層のみが持ちえたジュエリーを一般層にも広めた彼女の功績は、とても大きいものでした。

高価なジュエリーを身に着けることが美しいのではなく、スタイルに合わせたジュエリーを身に着けることを由とした彼女の思いは、金メッキや偽の真珠などを大胆に組み合わせたシャネルの美しいアクセサリーに秘められています。

カントリージェントルマンではこのような非常に美しい歴史を持つアンティーク素材から、様々なアンティークアクセサリーを制作しております。

カントリージェントルマンのアンティークアクセサリーはこちらからご覧いただけます。

#シャネル #アンティーク #アンティークジュエリー #歴史 #ヴィンテージ #ヴィンテージアクセサリー

​ー 取り扱いカード一覧 ー

  • Instagram - White Circle
  • Facebookの - ホワイト丸

©2018  Country Gentleman

Mail Address

countrygentlemanstuff@gmail.com

 

Opening Hours

Monday - Friday: 10.00 - 19.00

Saturday: 10.00 - 17.00

カントリージェントルマンではアメリカより取り寄せたヴィンテージ素材をリメイクし、スプーンリングやブレスレットなどのヴィンテージアクセサリーをメンズを中心としてユニセックスも制作・通販しております。

​本当のカントリーを表現すべく、素材・製法にこだわり一点一点オールハンドメイドで制作しています。