シャネルのヴィンテージアクセサリーの歴史


伝説のデザイナー ココ・シャネル

参考:http://www.luxury-insider.com/fashion-beauty/five-things-you-didnt-know-coco-chanel

その媚びない姿勢と、女性としての強い生き方を貫いた女性の憧れとして、今もなお多くのファンを持つココ・シャネル。

彼女が生み出したシャネルという圧倒的なブランドは、世界中の女性たちに広く人気を得ており、創業から100年以上を経てもなおその人気は衰えることがありません。

そんなシャネルの古い作品や商品は、時を経て現代に現れた作品として”ヴィンテージシャネル”の名を冠され、感度の高い人に熱狂的な人気を得ています。

今回はそのヴィンテージシャネルに注目して、お話していきたいと思います。

シャネルの登場

参考:http://zakupersi.com/promocja/darmowa-probka-perfum-chanel-no-5/

シャネルの創業は今から100年以上前の1910年にさかのぼります。その前年であった1909年にパリで帽子のアトリエを開設した彼女は、シャネル・モードという名前をつけた帽子専門店を開店しました。

その後帽子に限らず香水(シャネルの5番などの人気商品)、ドレスなどの様々な作品を生み出し続け、成功を収めます。

本格的に世間に認知されるようになったのが1920年代です。第一次世界大戦を経験した女性たちは、それまでの価値観を振り切るように独立した女性、強い女性像を求めていました。

そんなときに、シャネルが作り上げた女性像が”ギャルソンヌ”、つまりアメリカでの”フラッパー”と呼ばれるボーイッシュなスタイルだったのです。