ヴィンテージアクセサリーの歴史 メンズ編 1940年代


1940年代の男性はカッチリとしたスーツと様々な小物を駆使してファッションを謳歌していた

https://thefashiontag.com/men-fashion-retro-looks-1940s/

アクセサリーといえば女性が身につけるもの、というイメージが多いのですが、男性はアクセサリーを身につけていなかったかといえば、そうではありません。

男性には男性の、必要不可欠な持ち物がいくつもありました。

リメイクアクセサリーとして人気を博しているヴィンテージバングル

Wallace社製ヴィンテージバターナイフバングル -Grand Baroque-

ヴィンテージ素材をリメイクし、新しいヴィンテージアクセサリーを生み出し続ける当ブランド、カントリージェントルマンが独自の視点で、1940年代の男性が身につけていたアクセサリーについて、ご紹介していきたいと思います。

※ちなみに今回はアメリカの1940年代をテーマに考察します。

<関連記事>

ヴィンテージアクセサリーをメンズ視点で考える

1940年代とは

1940年代のアメリカは、1929年の10月24日に始まったとされる世界恐慌と、1939年からおよそ6年間続くことになる第二次世界大戦によって、非常に苦しく暗い年代ともいえます。

人々は経済的な面と、生命を脅かす戦争という2つの面で日々戦っていました。

しかしそんな暗い雰囲気の中で、彼らは明るい未来を夢に描き様々に着飾って街を歩きました。

代表的な男性のアクセサリー:腕時計