ヴィンテージアクセサリーの歴史 メンズ編 1940年代


https://thefashiontag.com/men-fashion-retro-looks-1940s/

アクセサリーといえば女性が身につけるもの、というイメージが多いのですが、男性はアクセサリーを身につけていなかったかといえば、そうではありません。

男性には男性の、必要不可欠な持ち物がいくつもありました。

Wallace社製ヴィンテージバターナイフバングル -Grand Baroque-

ヴィンテージ素材をリメイクし、新しいヴィンテージアクセサリーを生み出し続ける当ブランド、カントリージェントルマンが独自の視点で、1940年代の男性が身につけていたアクセサリーについて、ご紹介していきたいと思います。

※ちなみに今回はアメリカの1940年代をテーマに考察します。

<関連記事>

ヴィンテージアクセサリーをメンズ視点で考える

1940年代とは

1940年代のアメリカは、1929年の10月24日に始まったとされる世界恐慌と、1939年からおよそ6年間続くことになる第二次世界大戦によって、非常に苦しく暗い年代ともいえます。

人々は経済的な面と、生命を脅かす戦争という2つの面で日々戦っていました。

しかしそんな暗い雰囲気の中で、彼らは明るい未来を夢に描き様々に着飾って街を歩きました。

代表的な男性のアクセサリー:腕時計

https://www.pinterest.jp/pin/406238828868439257

男性が身につけるアクセサリーとして代表的なものが、腕時計でしょう。現代においてはロレックスやパテックフィリップなど、芸術作品とも呼べる腕時計が人気を博しています。

1940年代の時計事情はといえば、ほとんどの男性が腕時計を身につけてはいましたが、まだ懐中時計を愛用する人もいたようです。

そもそも腕時計が一般的な市民権を得たのが、第一次世界大戦時に採用されたトレンチウォッチ(trench watches)が始まりとされています。

今まで、男性が戦闘中に時間を調べるためには懐中時計を取り出す必要があったため、敵に攻撃させる隙を与えてしまっていました。

その隙をなくすために開発されたのが、塹壕の中で武器を構えたままで時間を見ることができる腕時計でした。ちなみにトレンチウォッチのトレンチとは、塹壕を意味しています。

https://www.pinterest.jp/pin/587719820091502624/

かの有名なエルビス・プレスリーが愛した腕時計ブランドであるハミルトンは、歴史を辿って見ると第一次世界大戦時に”カーキ”と呼ばれる腕時計を作ったのが彼らにとっての初めての腕時計であることが知られています。

また、1940年代には様々なデザインが発売され、丸いものよりも四角いものに人気が集まっていたそうです。

時計部分の多くは金や銀などの金属でできており、ベルト部分にも金属や革など現代でも使用されているような頑丈な素材が使用されていました。

基本的にスーツを身につけて表に出ていた当時の男性は、時計の形状やベルトの材質・カラーなどで自分の個性を表現していたようです。

スーツを着飾る個性的なアイテムたち

当時ほとんどの男性は、イベントに出席する際にはスーツを着て出かけました。そんな中で彼らは自分のファッションを楽しむ上でいくつかのアイテムを組み合わせて個性を表現しました。

それがカフリンクス、タイクリップ、ポケットハンカチーフです。

https://www.realsets.top/vintage-1940s-50s-anson-cufflinks-old-portable-steam-engine-p-12035.html

まずお酒を嗜んだり葉巻をふかしたり、男性が何か手を動かすたびに白いシャツにキラリと光ったのがカフリンクスです。

金や銀で縁取られたカフリンクスの中には、様々なデザインが配されておりそのデザインは度々会話の中にトピックとして取り上げられました。

女性のデザインが取り入れられたものもあれば、戦時中ということもあり飛行機、幸運を呼び込むとされ人気を博した馬蹄(ホースシュー)など非常に多くのデザインのものがありました。

https://www.etsy.com/market/swank_tie_chain

次にタイクリップに関していえば、現代では当時ほど見かける機会は少なくなったと思われますが、特にこの時代にはクリップにチェーンがついたものが多く身につけられました。

ベストを着用しない場合にはこのタイクリップでネクタイをシャツに留め、そのネクタイをぐるりと一周巻き込む形でチェーンが巻かれました。

そのチェーンの中央には大体の場合何らかのモチーフがつけられており、男性のファッションスタイルのポイントの一つとして愛されていたそうです。

http://blog.knotstandard.com/mens-suit-history-referencing-the-1940s/

そして大概の場合暗い色になりがちなスーツに鮮やかな彩りを加えてくれたのが、ポケットハンカチーフです。

ポケットハンカチーフがより一般的になったのには、アメリカでのテレビの普及が理由の一つとして挙げられます。

1920年代後半、アメリカでは試験的にテレビが利用可能になりました。それから実際に商業放送の目処が立つまでには約10年ほどかかり、1940年代の初めに白黒放送が開始されました。

これにより、当時の俳優たちが身につけていたポケットハンカチーフが広く知られる事となり、多くの男性がこぞってスーツのポケットに白いハンカチーフを挿すことになったのです。

多くの場合、男性は白いハンカチーフを好んで挿していましたが、もちろん白だけではなく様々な色が発売されていましたし、この頃はボーダー柄のハンカチも多く出回りました。

基本的にはシンプルなデザインが好まれており、当時のハンカチーフはそのほとんどが手作りでした。そのため多くの男性は海外に旅行などに出かけると、その現地の土産物としてハンカチーフを購入し贈り合っていたことも知られています。

代表的な2種類のメンズリング

基本的に男性が身につける指輪は2種類に限られていました。一つは愛の証である結婚指輪。もう一つが自分が所属する組織を表すリング(カレッジリングなど)でした。

https://fasqu.com/rings/wedding-rings/antique-mens-wedding-bands/attachment/vintage-mens-wedding-band-yellow-gold-circa-1940s-addy-regarding-antique-mens-wedding-bands/

当時の男性が身につけていた代表的な指輪である結婚指輪のデザインは、ほとんど現代のものと変わりありません。

シンプルなものが多く、何よりどんな場面でも違和感のないデザインが好まれていました。

https://www.aggienetwork.com/ring/warranty-and-service/

また、自らが所属する組織を表していたリングも多く身につけられており、ほとんどの場合それは小指などに身につけられていました。

このリングは結婚指輪とは異なり、金や銀で作られ美しい彫刻が施され、黒い石やルビーなどの宝石が中央に埋め込まれるなど華やかなデザインが多く採用されていたようです。

代表的なものといえばカレッジリングですが、この日本でも多くの人が身につけていることかと思います。

旅行には欠かせないサングラス

1940年代は戦時中ということもあり、サングラスにもその影響が垣間見えます。

https://www.depop.com/enzosd/authentic-ray-ban-aviators-1940s-wwii

その代表的なデザインが”アビエイターグラス”と呼ばれるデザインでした。これは飛行機乗りが使用していたサングラスのデザインでした。

素材としては、金属製の縁取りで固定されたグラス部分と、中央にはプラスチックで作られた飾り部分があり、この特徴的なデザインは当時一世を風靡しました。

現代でもレイバンをはじめとする多くのブランドの人気シリーズとなっています。

また白人は日本人など黄色人種と比べると目の色素が薄く、日本人よりも紫外線に対して弱いという性質を持っていたため、南国などの紫外線が強い地域に旅行する際などにはサングラスは必需品とされていました。

このように、男性は女性とはまた違った側面から自らを着飾る方法を持っており、それらを自分独自の感性で組み合わせる事により、自分のスタイルを確立していったのです。

”本を表紙で判断するな”と言われますが、いつの時代も第一印象は非常に重要であり、彼らは自分の人となりを表現するために、様々に趣向を凝らしました。

そんな人々のこだわりは、現代に生きる我々にも大きな影響を与え続けているのです。

カントリージェントルマンのヴィンテージアクセサリー

当ブランド、カントリージェントルマンではヴィンテージ素材のみからアクセサリーを制作しています。

カントリージェントルマンがヴィンテージ素材のみを使用する理由は、様々な歴史を経て我々の生きる現代へと受け継がれてきたヴィンテージ素材が持つ、語り継ぐべきストーリーと、本物だけが持つ貫禄と威厳にこそ、魅力があると思っているからです。

ヴィンテージアクセサリーを身につけること、それはその素材が持つ”歴史・ストーリー”を身につけることと同義であると、考えています。

それでは、実際にいくつかの作品をご紹介していきたいと思います。

まずは、その昔伝説的デザイナーのデザインで一躍世界有数のカトラリーブランドへとのし上がったWhiting社が、1901年に発表したKing Edwardのヴィンテージフォークから制作した、ヴィンテージフォークバングルです。

Whiting社製ヴィンテージフォークバングル -King Edward-

フォークのバングルという非常に珍しいスタイルのバングルに、伝説的デザイナーであったCharles Osborneがデザインした非常に繊細で美しい彫刻が施されており、ヴィンテージ素材の持つ雰囲気を十二分に楽しめるヴィンテージアクセサリーとなりました。

1900年代に制作されたということもあり、アール・ヌーヴォーの影響が色濃く反映された非常に複雑・絢爛豪華なデザインが目を引きます。

次にご紹介するのは、カントリージェントルマンの人気商品の一つでもある、Wallace社製のヴィンテージフォーク、Grand Baroqueをリメイクして制作したヴィンテージフォークバングルです。

Wallace社製ヴィンテージフォークバングル -Grand Baroque-

こちらは1951年に発表された”スリーディメンション”シリーズの一つ、Grand Baroqueと呼ばれる、アール・ヌーヴォーの傑作とも呼べるデザインが持ち手に施されており、スターリングシルバーの輝きと相俟って非常に貫禄のあるヴィンテージアクセサリーに仕上がりました。

その他にも、スプーンから制作したスプーンリングやネックレスなど、様々なストーリーを持つヴィンテージアクセサリーを販売しております。

詳しくはこちらからご覧ください。

ヴィンテージ素材の”ストーリー”を身に纏う喜びを、ぜひお試しください。

#ヴィンテージアクセサリー #ヴィンテージ #アンティークジュエリー #アンティーク #歴史

​ー 取り扱いカード一覧 ー

  • Instagram - White Circle
  • Facebookの - ホワイト丸

Mail Address

countrygentlemanstuff@gmail.com

 

Opening Hours

Monday - Friday: 10.00 - 19.00

Saturday: 10.00 - 17.00

カントリージェントルマンではアメリカより取り寄せたヴィンテージ素材をリメイクし、スプーンリングやブレスレットなどのヴィンテージアクセサリーをメンズを中心としてユニセックスも制作・通販しております。

​本当のカントリーを表現すべく、素材・製法にこだわり一点一点オールハンドメイドで制作しています。

©2018  Country Gentleman