ヴィンテージアクセサリーをプレゼントしたいあなたへ。”特別な”セレクト方法とは


ヴィンテージアクセサリー。


それは様々な歴史や背景を持ち、生まれたてのアクセサリーでは決して持ち得ないストーリーを内包する特別な品物。


ここ日本でも、多くのファッショニスタたちがヴィンテージアクセサリーやヴィンテージジーンズなど、”ヴィンテージ”が持つ魅力に惹かれています。


今回は、そんなヴィンテージアクセサリーを自分の大切な人へのプレゼントとして贈られる際、知っておいていただきたい事柄などを、


ヴィンテージの魅力、おすすめしたい方、作品の選び方などを含めて、全方位的にまとめてまいります。

ヴィンテージアクセサリーの魅力


ヴィンテージアクセサリーにはいくつもの魅力がありますが、一番の魅力はそのものが持つ”ストーリー”にあります。


例えば、スプーンリングと呼ばれるアクセサリー。


スプーンリングの歴史については別記事をご覧頂ければと思いますが、かいつまんでお話しするとすれば、


「17世紀ごろのイギリスで、召使いは当時富裕層しか所持できなかった高価な銀食器を主人の家から盗み出し、自らの恋人へ婚姻を求める際のリングとして、スプーンをリングにして贈った」ことが、


その歴史の始まりであるとされています。


つまりスプーンリングの起源には、「愛する人への贈り物」という、素敵なストーリーが隠されているのです。


他にはバッテリーバードというヴィンテージアクセサリーがあります。


こちらのバッテリーバードの歴史に関しましても、別記事にて詳しくご説明をしておりますが、要点のみをお伝えするとするならば、


「1929年の世界恐慌によって、アクセサリー作りの物資を確保することが困難だった状況にあって、当時のネイティブアメリカンたちは身近にあった車のバッテリーなどをアップサイクルして、サンダーバードをモチーフとしたネックレスを作り上げた。」


ということになるでしょうか。


大量生産・大量消費が当たり前の現代において、身近にあるいわばゴミのようなものを素材とし、それらをアップサイクルすることで、価値を生み出す。


バッテリーバードには私たち現代人が忘れかけていた何かを思い出させてくれる、特別な雰囲気が宿っています。

ヴィンテージアクセサリーをおすすめしたい方とは


ここまでヴィンテージアクセサリーの魅力についてお話ししてまいりましたが、


ここからは実際にどんな方に贈るのがおすすめなのか、いくつか例を挙げさせていただきながら、お話ししてまいります。


・古着好きな方


これは実際にヴィンテージアクセサリーを愛用している方であれば、「何を今更」と怒られてしまうかもしれませんが、ヴィンテージアクセサリーほど古着とマッチするものはありません。


くたびれたネルシャツ、ヴィンテージロックTシャツなど、どんなヴィンテージアイテムにも不思議とマッチしてくれる万能性が、ヴィンテージアクセサリーにはあります。


そのため、プレゼントをしたい相手が古着を好んで着ている方の場合こそ、ヴィンテージアイテムをお勧めします。


・古いものが好きな方

古着はもちろんのこと、古い家具や旧車と呼ばれるクラシックカーなどが好きな方にも、プレゼントとしてお勧め出来る理由があります。


それは、古いものが好きな方は、それにまつわる背景・歴史・ストーリーを愛している人が多いためです。


例えば私の父はハーレーダビッドソンに目がないのですが、エンジンの変遷の歴史を語らせるとこちらが辟易するほどの幅広い知識を披露してくれます。


なぜこの頃のエンジンはこの形と材質であったのか、そして時代の移り変わりとともにどのように改良されていったのかなど、それを話すときの彼はとても活き活きしています。


つまり古いものを愛する人は、そのモノのみではなくその後ろ側に含まれているストーリーに魅力を感じている場合が多いのです。


ヴィンテージアクセサリーを古いモノ好きの方にお勧めできるという理由は、そこにあります。


・誰とも被らないモノが好きな方

誰とも違った自分でいたい、他にはない特別なものが好き。


そんな方にこそヴィンテージアクセサリーがプレゼントとしておすすめです。


ヴィンテージアクセサリーはその特性から、「数が少ない」「1点モノが多い」「同じデザインのものが少ない」という特徴があります。


例えばシグネットリングと呼ばれるアクセサリーがありますが、これは元々が

「貴族や王族などが自らの印として使用するために、自分たちのイニシャルや家紋を彫らせた指輪を身につけていたこと」から始まったとされています。


このシグネットリングは世代を超えて受け継がれることが多く、またそもそもの数も少ない貴重なアクセサリーでした。(そのため市場に出回ることは稀です。)


何より、一つ一つのリングには持ち主のイニシャルが刻まれていたことから、この世に同じデザインは一つとしてないと言えるほどに、貴重な品として現在でも高値で取引がなされています。


このような特別なヴィンテージアクセサリーは、現代においても身につける人は少なく、またデザインやその数の少なさから他の人と被ることはほとんどないため、


1点ものや誰とも被りたくないと考えている方にこそ、プレゼントとして最適なアイテムであると言えます。

ヴィンテージアクセサリーの選び方とは

さて、では一体プレゼントするアクセサリーを、どのように選べば良いのでしょうか。


ここからは、プレゼント用にヴィンテージアクセサリーを選ぶ際の選び方について、ご説明してまいります。


1:スタイルから選ぶ

あなたがプレゼントをされたい方は、リングをつけることが多いでしょうか。それともネックレスを身につけていることが多いでしょうか。


ヴィンテージアクセサリーには、リング(指輪)、ブレスレット、ネックレスなど多種多様なものが存在しています。


例えばリングならスプーンリング、メキシカンリング、ミリタリーリング、カレッジリング、シグネットリングなどがあります。


またネックレスならスウィートハートジュエリー、バッテリーバード、ラブトークンネックレス、またはボロネッカチーフなどもあります。


プレゼントを贈りたい人がどのようなアクセサリーを身につけることが多いかを把握し、その種類の中で好みに合うデザインのものを贈ることができれば、


きっと喜んでくれるのではないでしょうか。(個人的には、プレゼントを”選ぶ”という行為自体も、相手に対する愛情表現の一つであると考えています。)


ぜひプレゼントを”選ぶ”ということを楽しみながら、素敵なヴィンテージアクセサリーを贈っていただければと思います。


2:ストーリーから選ぶ

先述したように、ヴィンテージアクセサリーにはそれぞれに味わい深いストーリーが秘められています。


一番理想的な選び方は、「その人がすでに興味を持っているものと、共鳴するストーリーを選ぶ」ということです。


例えば、あなたがプレゼントを贈りたい方が、バイクに乗ることが好きだとします。


そんな方にはメキシカンリングがとてもおすすめです。


その理由として、メキシカンリングは別名”バイカーリング”とも呼ばれており、バイカーたちとは切っても切れないほどの深い縁とストーリーを持つ、ヴィンテージアクセサリーであるためです。


メキシカンリングのストーリーの詳細については別記事に譲るとしますが、かいつまんでお話をするとすればメキシカンリングとは


「1910年のメキシコ革命により、流通していたペソ硬貨の価値が極端に下がり、国内での仕事が減ったアクセサリー職人たちがペソを溶かして作られた土産物の指輪がメキシカンリング」


であり、特に興味深い点として


「その後1940年ごろ、アメリカではメキシコとの国境近くまでバイクでツーリングすることが流行し、そこでバイカーたちがこのリングを見つけ、最終的に多くのバイカーたちの中で人気を博した」


とされています。


つまりメキシカンリングはバイカーたちに愛されたリングであったことがお分かりいただけるかと思います。


このように、プレゼントをしたい方が好きなこと、そしてその好きなことに関連する歴史を持つヴィンテージアクセサリーを贈ることができれば、


これほど気の利いた贈り物はないのではないかと思うのです。


その他にもアーミー系のご趣味をお持ちであれば、ヴィンテージのIDブレスレット。恋人への贈り物としてはスプーンリング、スウィートハートジュエリーなどがおすすめです。


ヴィンテージアクセサリーの歴史についてお知りになりたい方は、ぜひ記事をご参考にしていただければと思います。

今すぐ手に入るヴィンテージアクセサリー


当ブランド、Country Gentleman(カントリージェントルマン)では、ヴィンテージ素材が持つ”ストーリー”、そして時を経ることで身に纏った”貫禄”を、


少しでも多くのヴィンテージフリークの皆様へとお届けすべく、世界各地からヴィンテージアクセサリーを集めております。(中にはヴィンテージ素材を組み合わせて制作した、オリジナルアクセサリーもございます。)


まずは正真正銘のヴィンテージの銀食器から制作した、ヴィンテージフォークバングルがございます。

ヴィンテージフォークバングル<GORHAM LOUIS XIV>


今から約150年も前に発表されたこちらのヴィンテージフォークは、GORHAMという老舗銀食器ブランドのものです。


当時銀食器は非常に高価であり、ほとんどの場合貴族や富裕層によって購入されました。


その中で彼らは自らの持ち物であることを示すために、またはメッセージを残すために、彫金職人に依頼して刻印を刻ませました。


それをモノグラムと呼び、今ではそれが一つのヴィンテージの証として重要な役割を担っています。


こちらの持ち手裏にはモノグラムが刻み込まれており、”Dar..(判別不可の部分あり)Smith April 14th 1871”という文字を確認することができます。


このモノグラムから、当時の所有者の名前とそれが刻印された日(もしくは当時の所有者のなんらかの記念日)を確認することができます。


最近ではマルジェラの元デザイナーが希少なヴィンテージフォークやスプーンからアクセサリーを制作していることが話題になっていますが、隠れた人気を持つスタイルのアクセサリーです。


また、こちらはヴィンテージのIDブレスレットです。


ヴィンテージIDブレスレット-MY LOVE ALWAYS JOAN-


IDブレスレットとは簡単に言えば、

「戦争の際にもし自分が倒れてしまったとしても、身元や住所などがわかるようにブレスレットに刻み込んだもの。」と言えます。


素材としてはスターリングシルバーが用いられることがほとんどであり、こちらのヴィンテージIDブレスレットもスターリングシルバー(純度92.5%の銀)で作られています。


特徴的なこととして、内側部分には”MY LOVE ALWAYS JOAN 2・14・44”と刻まれていることから、このIDブレスレットが身につけられていた頃は第二次世界大戦下であった可能性が非常に高いと考えられます。 この他にも、カントリージェントルマンではさまざまなストーリーを持つ特別なアイテムを数多く取り揃えております。


プレゼントの際には無料にてラッピングを承っておりますので、ぜひお気軽にお申し付けくださいませ。


カントリージェントルマンのSHOP→