top of page

1885年に製造(約137年前)された、もはやアンティークの域に到達するネックレスの登場です。

 

こちらのヴィンテージアルバートチェーンフォブネックレスは、これまでご紹介したものの中でも特に特異な特徴を有したアクセサリーとなっております。

 

詳しくはぜひブログ記事:新商品「ヴィンテージアルバートチェーンフォブネックレス」と、その深淵なる歴史についてにて、味わい深い歴史についてご覧いただければと思いますが、

 

そもそも”アルバートチェーン”とは懐中時計が手元から落ちてしまわないように、ベストに装着しておくチェーンのことを指します。

 

そしてこちらの”フォブ”と呼ばれるものは、そのアルバートチェーンの「ドロップ」と呼ばれる短いチェーンに付けられていたアクセサリーのようなものであり、

 

19世紀の紳士たちはそれぞれのオリジナリティを表現するために、様々な種類のフォブを装着していました。

 

今回ご紹介するこちらのフォブは、クルクルと回転する機構が採用されております。

これは当時の紳士たちが手持ち無沙汰になった際に、気を紛らわすために開発された機構であると言われております。

 

さらに回転する部分の表と裏には、それぞれ異なる種類の石が埋め込まれています。

 

  • ブラッドストーン(緑):別名「殉教者の石」と呼ばれ、赤い斑点があることから古くから”血”と深いつながりがあるとされており、「血の流れを良くしてくれる」「出血を止める」などの意味を持ち、転じて騎士のお守りとして身につけられることが多く、「何かに立ち向かう力を与えてくれる石」として愛されてきました。
  • カーネリアン(オレンジ):古代エジプト時代から愛されている石であり、シグネットリングにも良く用いられてきました。石言葉としては「勝利」「勇気」などが与えられています。

 

この2つの石が持つ意味合いを考えますと、こちらのフォブには「何かに立ち向かう勇気」を与えてほしいという切なる願いが込められたのではないかと思われます。

 

チェーンはアルバートチェーンではございませんが、新しいスターリングシルバー(純度92.5%の銀)製のチェーンに、

 

フォブとのバランスを取るためにあえて燻し加工を施し、違和感なく身につけていただけるように仕立てております。

 

本作品は1点のみの販売となりますため、ご興味をお持ちいただけた皆様におかれましては、ぜひこの機会にお試しをいただけますと幸いです。

 

※本作品はヴィンテージ品となります。クリーニングは施しておりますが経年変化に伴うくすみや小傷がございます。

工業製品レベルのクリーンなアクセサリーをお求めの方は、ご購入はご遠慮くださいますようお願い致します。

 

ヴィンテージアクセサリーの性質をご理解いただける方にのみ、ご購入をお勧め致します。

 

ヴィンテージアルバートチェーンフォブネックレス

¥27,800価格
在庫なし
  • 材質:

    フォブ→スターリングシルバー(純度92.5%の銀)、カーネリアン、ブラッドストーン

    チェーン→スターリングシルバー(純度92.5%の銀)

    サイズ:

    フォブ→縦:約4.5cm、横:約2cm、厚み:約0.9cm

    チェーン→60cm

    重さ:合計約9g

bottom of page